1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 面接の受け方

面接の受け方

面接は第一印象が大事。成功するアルバイト面接の受け方をご紹介!

面接の流れ

応募先に連絡する

面接の申し込みを始めた時点から既に面接が始まっていると言っても過言ではありません。履歴書の記載内容も大切ですが、電話口での印象も大切です。相手が聞き取りやすい声量でハキハキとゆっくり話しましょう。


面接を受ける

面接前に「応募先の企業情報や応募したおしごとの内容」を覚えておきましょう。また、電話での応募連絡時と同様に相手が聞き取りやすい声量でハキハキとゆっくり相手の目を見て話しましょう。また、仕事の内容などでわからないとことがあれば、遠慮せずに必ず確認しておきましょう。


面接でもっとも大切な4つのポイント

面接時の遅刻は厳禁!

面接場所への移動手段や所要時間を事前に調べて、集合時刻の5分から10分前には面接会場に到着できるように余裕を思って行動しましょう。交通機関の遅れなども予測して、計画することが大事ですが、避けられない事情で遅れてしまいそうな場合は、必ず事前に連絡を入れましょう


先ずは挨拶から

応募先の担当者に会ったら、先ずは元気よく挨拶をしましょう。これだけで、あなたに対する印象がよくなり、自分自身の緊張も解れます。


身だしなみには十分な注意をする

挨拶と同様に見た目の印象も大事です。高級なブランド系の服や過度な装飾は不要ですが、しわくちゃな服を着用したり、汚れたままの靴を履いての訪問は絶対に避けましょう。年相応で清潔で清涼感のある身だしなみを意識して面接に臨みましょう。


ハキハキと相手の目を見て話す

応募先の担当者とは初対面で、どうしても緊張してしまうこともあります。自分自身が緊張していると感じたら、相手の目を見ながらゆっくりとハキハキと話すことを心掛け、相手の質問を良く聞きながら答えましょう。次第に心も落ち着いてくるでしょう。


面接で合格するコツとは?

とにかく、面接担当者に気に入ってもらう!

面接慣れしている人がアルバイトだと思って気軽に構えて面接を受けてしまうと採用されません。
いつも初心を忘れず、先に述べた4つのポイントを守って面接に臨みましょう。あなたの誠実な人柄や受け答えが面接担当者に気に入ってもらえるでしょう。


十分な準備して面接に臨む

応募先の業種や職種によって、面接担当者からの質問内容も様々ですが、十分に準備して面接を受ける場合とそうでない場合は、その結果に大きな差が生れることになるでしょう。
応募する職種の仕事内容や自分自身に求められる事をあらかじめ考えて面接に臨みましょう。


相手の話を良く聞く

面接担当者は、募集職種へのあなたの順応力もチェックしています。第一印象も大切なことは間違いありませんが、最終的に募集した仕事をあなたに任せられるかの判断をします。担当者の質問の意図や自身が求められることを理解して受け答えができるように落ち着いて対応しましょう。


最大限の自己アピールを!

面接は、履歴書で伝えきれない自分の魅力を最大限にアピールできる場です。履歴書の自己PR欄に記入した内容や応募した職種に役立つと思われる自身の長所や特技を伝えながら、上手にアピールしましょう。

詳しくは、【バイトの面接で失敗しないための6つのポイント】をチェック!